水の力

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 健康

人間は約60%が水分で構成されています。水は一日2~3リットル飲んだ方が良いです。栄養も大事ですが、一番最初に摂るべきと言えるのが水です。
ほとんどの人は体が枯渇した状態ですが気づかずに我慢してしまいます。2リットルというと大変だと思う人も多いようですが、そういう人は一気飲みすることでも想像しているのでしょうか。少し時間が経つ毎に一口飲んで潤す、というぐらいがちょうど良く、これを繰り返すだけで2リットルはすぐ飲んでしまいます。喉が渇いてから飲むのでは、遅いぐらいです。内臓に水分が足りていない状態が進行して喉が渇くからです。
特に朝目覚めた瞬間は最も体が乾いている状態なので、コップ1杯分程度の水を飲むと効果的です。また、栄養も吸収しやすい状態になっているのでサプリメント(特にビタミン・ミネラルなど)を飲む場合はこのとき一緒に飲むと良いです。
また、お茶・コーヒー・清涼飲料水・アルコールなどは、逆に利尿作用があるので体内の水分を奪ってしまいます。これらの飲料を飲んだ後は同量程度の水を飲むようにしましょう。

Sponsored ads

関連記事

no image

花粉症

私としては、花粉の存在すら認識できないのですが、春は花粉症に苦しんでいる人が多いです。電車に乗ると1

記事を読む

no image

病気にならない生き方

新谷弘実著、「病気にならない生き方」読みました。 世界で初めて大腸内視鏡によるポリープ切除をした医者

記事を読む

六本木 健福

六本木 健福

知人が六本木に新店オープン。 立川・国立ではちょっとした有名店でしたが、肉・卵・魚介類を一切使わな

記事を読む

no image

東京マラソン2007

東京マラソン2007、エントリーしました。 これから伝統行事になるかもしれない東京マラソンの第一回で

記事を読む

no image

初断食

ベトナムから帰国後、ちょっと調子が悪くなってしまいました。歩いたり仕事したりする分には問題ないのです

記事を読む

Sponsored ads

新着記事

2019年もありがとうございました

 

2019年。自分にとって、日本の暦でいうところの本厄でした。九星気学風水によると四緑木星の自分は9

記事を読む

山梨・甲府から撤退

 

そろそろ甲府から撤退します。 山梨県・甲府に足を踏み入れてから約4年、住まいを構えてからは3

記事を読む

誕生日と沖縄と

 

少し経ちましたが、先日は誕生日ありがとうございました。お祝いメッセージ、返信が苦手というかため込ん

記事を読む

ペンションの営業開始、八ヶ岳の空気が美味い

 

東京も甲府も灼熱の暑さでしたが、八ヶ岳は涼しくて超快適。今年の5月に購入したペンション。その後旅館

記事を読む

八ヶ岳のペンションを買いました

 

八ヶ岳のペンションを買いました。不動産投資の世界に足を踏み入れて3年、これで4件目の物件です。起業

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored ads

2019年もありがとうございました

2019年。自分にとって、日本の暦でいうところの本厄でした。九星気学

山梨・甲府から撤退

そろそろ甲府から撤退します。 山梨県・甲府に足を踏み入れてから

誕生日と沖縄と

少し経ちましたが、先日は誕生日ありがとうございました。お祝いメッセー

ペンションの営業開始、八ヶ岳の空気が美味い

東京も甲府も灼熱の暑さでしたが、八ヶ岳は涼しくて超快適。今年の5月に

八ヶ岳のペンションを買いました

八ヶ岳のペンションを買いました。不動産投資の世界に足を踏み入れて3年

→もっと見る

    • シーフードベジタリアン 安岡博之著「シーフードベジタリアン」読みました。 この本はヴォヴィスという小さな団体が発行しています。一般の出... 0件のコメント
    • ハッピー☆エナジー大幅リニューアル けっこう頻繁に更新を重ねてきた九星気学の自動鑑定サイトハッピー☆エナジーですが、また大幅リニューアル。 サイト... 0件のコメント
    • ウィルコム(3)(企業価値) 2005年2月1日のカーライル・京セラ・KDDI3社による買収・再編で動いたのは2200億。 2004年度3月... 0件のコメント
    • 「ウェルネスサポート」開設 本当の健康を得るための知識・情報を発信していくべく、新しいサイト「ウェルネスサポート」をオープンしました。 こ... 0件のコメント
    • ベトナムの印象 ベトナムに来ています。ベトナムの今後の展望については以前記した通りですが、実際のベトナム人の目や街の活気を見る... 0件のコメント
PAGE TOP ↑