クラウドコンピューティングの未来

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 IT, 道具

このところネットの世界で話題に上りつつある「クラウド」という言葉。個人的には非常に注目しています。
言葉自体は昔からある言葉で、多数のコンピュータ・サーバ群を一まとめにして解釈するためにつけられた名前です。日本語で「雲」と呼んだりも。最近は特に、そのサーバ群の中で情報処理を行うスタイルとして注目されているようです。
考え方自体は斬新なものではなく、パソコンが普及する前のメインフレームという大型コンピュータが処理を一括で行っていた頃の考え方と似ています。しかし閉鎖的で高価で手間がかかっていたメインフレームに対して、開放的でコストが安くアプリケーションによる工夫が多数なされているのが現在提唱されているクラウドコンピューティングです。
ITベンダーもマスコミも流行を作りたがり、新しい名前をつけたがります。名前をつけること自体は概念などを共有しやすくなるので良いのですが、特別斬新なわけではありません。
少し前まではWeb2.0という言葉が流行りましたね。個人的な簡潔な解釈としては「Web2.0とは、ユーザがコンテンツ作成の主体となるスタイル」という認識です。これも概念を指す言葉ですが、今はWikiやSNSなどの具体的な手段や仕組みの名前の方が浸透しています。これもシステム自体は前々からあったものですが。
クラウドコンピューティングについても既に存在し、ゆっくりですが普及しつつあります。
Googleの考え方は当初よりクラウドコンピューティングに似ており、GmailやGoogle Appsなどはその一端といえるでしょう。Microsoftも、これまでのWindowsでは標準を自ら作る動きでしたが開発中のWindows7では世界でスタンダードとなっている標準に極力従う動きのようです。
他にも大企業が次々と本腰を入れはじめており、動きは加速しつつあります。一言でいうと、「クラウドコンピューティングは、データ処理や格納をサーバ群に任せるスタイル」といったところでしょうか。
クラウドコンピューティングのシステムやスタイルが広まると、クライアントは最低限のソフト(Webブラウザなど)さえ入って動いていればハードウェアもOSも何でもよくなります。
デスクトップパソコン・ノートパソコンに加え、ネットブック(ミニパソコン)やスマートフォンなどという端末も普及しつつありますが、どの端末でも交互に使っても同様のアプリケーションで同じデータを扱うことができ、現在考える限り理想的なスキームかと思っています(端々のぼんやりした理想像は5年ぐらい前から私も考えていましたが、それを遥かに上回る概念です)。
個人としては、家では大きくて操作性の高いパソコンを使い外出先ではネットブックや携帯電話などで調べ物や小さな作業がこなせるようになります。企業としては、部署やプロジェクトの複数人でドキュメントなど情報を共有したりがさらに簡単にすると共に、情報の保存場所を一元化し管理コストの大幅減。
いいことがたくさんありそうですが、普及に向けての課題は、ネットワークの帯域と信頼性でしょうか。
ネットワークの帯域はここ数年で劇的に改善されました。家庭にも光ファイバやADSL、IEEE802.11a/b/gの無線LAN、3G携帯。今後も携帯ネットワークについてはLTE(3.9G)、無線LANについてはIEEE802.11nなど技術やインフラの進化が待ち遠しいところです。
もう一点、企業が提供するクラウドにあらゆるデータを預けることになるので、その企業とシステムを信頼できるかというのは大きな問題です。
信頼性は大きく分けてシステムに対する信頼性と企業倫理・ポリシーに対する信頼性が挙げられると思います。前者については、例えば稼働率99.9%を誇るGoogleのシステムは一般家庭はおろかほとんどの企業の信頼性を上回るものです。天災やテロなどの可能性を含めても割と安心できるものになりつつあるのではないでしょうか。
企業理念やセキュリティポリシーについては深い議論が必要になるところですが、結局はその企業を信じることができるかどうかですね。そこを乗り越えうまく使いこなすことができたら情報処理でかなり大きな変化となりそうで楽しみです。

Sponsored ads

関連記事

no image

SPARCマシンにNetBSDをインストール

NetBSDをSPARCマシンにインストール 1. ハードウェア 私が使用したのは、SS5

記事を読む

no image

アカデミーヒルズ会員制ライブラリ

六本木ヒルズ内、アカデミーヒルズの会員制ライブラリ行ってきました。 本来会員しか入れないエリアなので

記事を読む

no image

世界最小のフィットネススタジオ

少し前になりますが、MBT(Masai Barefoot Technology)という靴を買いました

記事を読む

no image

iPhoneレビュー

巷でいろいろ言われているiPhoneですが、自分なりにまとめレビュー。 【基本性能】 ・外面 男の手

記事を読む

iPhone6

画面割れのiPhone4SをSIMフリーiPhone5に買い換えたら3万円儲かったのでシェア

スティーブ・ジョブズが手がけた最後のiPhoneとも言われるiPhone4Sはけっこう気に入って、

記事を読む

Sponsored ads

新着記事

明けましておめでとうございます。

 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 正月は神道のお祓い行事に参加したり、武田信

記事を読む

別荘を買ってみました。

 

年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的おとなしくしていますが、最近の

記事を読む

no image

会社設立10年を迎えました

 

今月の頭ですが、最初に立ち上げた会社(株式会社ユナイテッドフューチャーズ)が設立丸10年を迎えまし

記事を読む

no image

衝撃の寿司をいただいてきました

 

衝撃の寿司をいただいてきました。 これまで100円の回転寿司から一人3〜5万円ぐらいの(自分

記事を読む

フルーツ王国やまなし

 

フルーツ王国やまなし。  山梨時間中は毎日のようにブドウ畑の隣を散歩していたり、ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored ads

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 正月は神道の

別荘を買ってみました。

年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的

no image
会社設立10年を迎えました

今月の頭ですが、最初に立ち上げた会社(株式会社ユナイテッドフューチャ

no image
衝撃の寿司をいただいてきました

衝撃の寿司をいただいてきました。 これまで100円の回転寿司か

フルーツ王国やまなし

フルーツ王国やまなし。  山梨時間中は毎日のようにブ

→もっと見る

    • 別荘を買ってみました。 別荘を買ってみました。 年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的おとなしくしていますが、最近の動きとして... 0件のコメント
    • 一生の読書量 一生の読書量 年末年始、大掃除のようなものはできず私の部屋は散らかってます。本とPC・周辺機器、そして服が部屋の大半を占めて... 0件のコメント
    • 神楽坂にて突然の合流 神楽坂にて突然の合流 昔仕事でお世話になった先輩というかおじさま2名が独立開業するということで、近所のお店で渋いお話をしながら飲んで... 0件のコメント
    • ジョン・ディマティーニ博士の健康セミナー開催 ジョン・ディマティーニ博士の健康セミナー開催 バリに2週間弱滞在後、昨日帰国しました。相当キレイな場所とか美味しいものとかにも触れまくっていましたが、だい... 0件のコメント
    • 突然の博多訪問 突然の博多訪問 博多なう。この街は大きすぎず洗練されていてキレイで居心地いいですね。改めて、住みやすそうです。 ... 0件のコメント
PAGE TOP ↑