3ヶ月でウェイト1.5倍の成果が出た筋トレ方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2014/01/27 健康

先日公開した、健康的にやせるお話がなかなかの反響いただいて
筋トレ編の要望もいただいたのでまとめ。

まず、約10年前の20代のころにジムに1~2年通ったときは
多少の成果は見られたものの、目に見えるほどの変化はなかったのです。

しかし、去年ジム通いしたときは
ちゃんとやっていたのは3ヶ月強程度の期間だったのですが
持ち上げられるウェイトが1.5倍ぐらいに上がり
目に見えて体格が変わり
腕や胸を触られたときにすごく驚かれたり。

この2回の間にどんな違いがあったのかというと、
いろんな情報が入る位置にいられたということにつきます。

ボディビルのチャンピオンは何をしているのか。
ボクシングのチャンピオンは何をしているのか。
今、派手に広告を出しているライ●ップをはじめとする
高額のパーソナルトレーニングジムがどんなトレーニングをしているのか。

情報があちこちから入ってきていて
試しにやってきたら結果が出たので
それをざっとまとめます。

ただ、健康を保つために筋肉は一定量必要ですが、
過度にやり過ぎると健康を害したり
体を痛めたりするので、
何かの大会とか目指す方以外はほどほどがいいと思います・・・。

あと、筋肉つけたいのではなく痩せたい人は
有酸素運動をした方が良いので見なくてよいです。

■トレーニングメニュー

基本的にフリーウェイト(バーベル/ダンベル)もしくは
自体重を負荷にしたトレーニングを中心にします。

マシントレーニングは、動かし方を体が覚えてしまうので
体が無意識に楽をしようとします(=筋肉をフルで使わなくなる)。

バーベルやダンベルはバランスを取りながら動かさないといけないので、
体幹が鍛えられます。

本気出しても10回も上がらないぐらいのウェイトを、限界まで持ち上げるようにします。
5~7回ぐらい上げて、その次超がんばった結果ウェイトに潰される、ぐらいがベスト。

それを3セット以上繰り返します。
もちろん、だんだん疲れて回数上がらなくなっていきますが
それはOKとして潰されるまでやります。

■トレーニング種目

体の中でも、大きい筋肉を使う種目をやるのが基本です。
大きい筋肉を使う運動をしていると、その周りとか別の小さい筋肉も同時に使うようになるので。

スクワット・ベンチプレス・デッドリフトがビッグ3と呼ばれています。
他は、ピンポイントで鍛えたい場所を好きなように。

フォームは正しくしないと関節などを痛めることになるので、
最初だけ詳しい人についてもらった方がよいです。

■メンタル

バーベルやダンベルを攻撃するような気持ちで持ち上げます。
あくまでもテンション高め、攻めの気持ちで。

ウェイトに気持ちで負けたらダメです。
受け身の姿勢ではフルに筋肉を使わずセーブしてしまうので。

■食事

アミノ酸(たんぱく質)を大量に摂ります。

プロテインでもよいし、肉類でもよいけど
プロテインはサプリメントではなく食事として食べるイメージです。

プロテインが主食、ぐらいの勢いでもよし。
いずれにしても、思っている以上に大量に摂る。

プロは一日3食ともプロテインを主食にしたりするようです。
最初は一日1回でもしっかり飲めば成果上がっていくと思いますが。

特にトレーニングの前後と、
その後2日ぐらいは(後述の超回復の期間)たんぱく質を摂りまくると筋肉になっていきます。

炭水化物は余ると脂肪になってしまうので、
炭水化物を摂らない(糖質制限)ようにすれば手っ取り早く痩せて
その分筋肉が目立つようになるので
ビジュアル的な成果が出やすいです。

ただ、糖質制限はせいぜい数ヶ月までに留めておいた方がいいと思います。
体を痛めたり、ホルモンバランス崩しちゃったり
早死にしちゃった人もたくさんいるので。
提唱者の名前をとってアトキンス・ダイエットとも言われているのですが
アトキンスさん自身が突然死しちゃっています。

野菜+たんぱく質
をメインにしつつ、外食などコントロールしづらい部分は
炭水化物も出されたものはいただくぐらいでちょうど良いと思います。

■休息

まず、筋肉痛がきたら成長の印なので喜ぶ。

筋肉は一度疲労すると
筋繊維が傷ついた状態になり、
そこから回復に入ります。

そして数日(個人差やトレーニングの度合いによって違う)後に
元の筋繊維より少し太い状態になります。

これが超回復と呼ばれる現象で、
この超回復のピークのタイミングで次の筋トレをするのがベスト。

超回復のタイミングは測りにくいけど、
目安としては48~72時間ぐらいなので、
中2日休んで次の日トレーニング、というサイクルを続けるとだいたいよいです。

超回復の理論自体は未だ議論がなされているけど、
いずれにしても休息は必要なのでしばらくは

ただ、ある程度成果が上がった後は、
ずっとこのペースの休息や負荷では伸び悩んできて
次の方法が必要になってくるようです。

■おわりに

筋トレは短期間で一定の成果出たものの
その後やや伸び悩み、ほどほどで休むことにしたので
初心者向けの内容かもしれません。

でも、ほどほどで良いと思っています。

やり過ぎるとほんと体壊しそうだし、
目的がボディビルではなく健康の方なので
持久力や柔軟性とのバランスも考えて。

しばらく休んでいたらピークよりはだいぶ筋肉落ちましたが、
開始前に比べたらかなり増えた状態で維持できています。
何年か経ったらまたガッツリやろうかと考えています。

Sponsored ads

関連記事

no image

クエン酸回路(TCAサイクル)

人間を含む、酸素呼吸を行う生物の代謝に関する最も重要な生化学反応が、クエン酸回路(TCAサイクル)で

記事を読む

ジョン・ディマティーニ博士の健康セミナー開催

バリに2週間弱滞在後、昨日帰国しました。相当キレイな場所とか美味しいものとかにも触れまくっていまし

記事を読む

no image

第24回大町アルプスマラソン完走

第24回大町アルプスマラソンに出場しました。 人生2度目のフルマラソンでしたが、ちょっとしたケガをし

記事を読む

no image

松田麻美子講演会

「フィット・フォー・ライフ」の訳者で自著でも数々の健康に関わる本を出している、松田麻美子さんの講演会

記事を読む

no image

安部司講演会

「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」の著者である安部司氏の講演会に参加してきました。 元々は自然

記事を読む

Sponsored ads

新着記事

no image

大阪、谷町六丁目にて旅館業運営許可

 

大阪、谷町六丁目で旅館業運営許可がおり、ようやく大阪市長さんからの認定書を受け取れました。元々お世

記事を読む

no image

東京・神楽坂に隠れ家をつくりました

 

東京に隠れ家をつくりました。東京の家を引き払ってから約2年半、毎週のように東京と山梨を行き来し続け

記事を読む

no image

40歳になりました

 

40歳になりました。誕生日前日は大阪で仲間にお祝いしてもらって隠れ家でひっそりと迎え、当日甲府でま

記事を読む

no image

金融商品の申し込みに香港に

 

香港に来ていました。もう10回ぐらい来ているけどイマイチ楽しみ方がわからない香港。在住の方にも聞い

記事を読む

no image

京都と飛騨高山とランボルギーニ

 

昨日まで京都にいました。ちょうど4年前の今日も、京都にいたようですが。イベント仕事をして、友人やス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored ads

no image
大阪、谷町六丁目にて旅館業運営許可

大阪、谷町六丁目で旅館業運営許可がおり、ようやく大阪市長さんからの認

no image
東京・神楽坂に隠れ家をつくりました

東京に隠れ家をつくりました。東京の家を引き払ってから約2年半、毎週の

no image
40歳になりました

40歳になりました。誕生日前日は大阪で仲間にお祝いしてもらって隠れ家

no image
金融商品の申し込みに香港に

香港に来ていました。もう10回ぐらい来ているけどイマイチ楽しみ方がわ

no image
京都と飛騨高山とランボルギーニ

昨日まで京都にいました。ちょうど4年前の今日も、京都にいたようですが

→もっと見る

    • 日経マネー投資力検定 日経マネー 投資力検定やってみました。 基本的にバリュー株の長期投資スタイルで普段放ったらかしているので、ニュ... 0件のコメント
    • 血液画像 自分の血液画像を見てきました。少量の血液を採取して顕微鏡で見るのですが、赤血球たちがよく動き回っていました。 ... 0件のコメント
    • 社団法人日本民泊協会さんにてセミナー 大阪なう。 社団法人日本民泊協会さんに呼んでいただき講師業もしています。既に東京で2回開催し、今回は大阪... 0件のコメント
    • ベトナムに行ってきます 2月の20~24日、ベトナムに行ってくることにしました。航空券を手配。 兼ねてより行きたかった国の一つなのです... 0件のコメント
    • 大阪、谷町六丁目にて旅館業運営許可 大阪、谷町六丁目で旅館業運営許可がおり、ようやく大阪市長さんからの認定書を受け取れました。元々お世話になってい... 0件のコメント
PAGE TOP ↑