秋川雅史さん

公開日: : 最終更新日:2014/01/06 日記

お世話になっている方の誕生会にお祝いに行ったら、
プロのオペラ歌手やピアニストの方々が歌や演奏披露してくださいました。

その中で一際目立つ方が日本人離れしたいい声してるなと思ったら、けっこう有名な方だったようで・・・。
言われてみれば歌聞いたことある気が。

昔から芸能人とかぜんぜん興味なくて疎いし、
テレビは震災の後に見たのが数年ぶりってぐらいでその後再びほぼ見てないですが、
こういうときは話題と感覚についていけない(笑)。

最近たびたびお世話になっている師匠の一人も、ゴールデンタイムの有名番組にレギュラーで出てるけど
テレビの中では一度も見たことがないし。

でもやはり、一流の藝を持っている方はやはりオーラというかいい雰囲気持ってますね。
出会いに感謝。

秋川雅史さん

秋川雅史さん

Sponsored ads

関連記事

no image

減量中

退職して約4ヶ月で、 体重: 66.2kg→60.3kg 体脂肪率: 20%→13% (体脂肪率は、

記事を読む

no image

必要な物は必要なときにやってくる

引っ越してからもうすぐ2ヶ月になります。家具などがかなり揃ってきました。 家具を揃えるのに2ヶ月はか

記事を読む

曹洞宗大本山総持寺

曹洞宗大本山総持寺にて座禅

今日は大本山総持寺にて座禅。 曹洞宗は座禅が教えの根幹になっていて、ここは曹洞宗の総本山なのでさす

記事を読む

no image

29回目の誕生日

おかげさまで、29回目のお誕生日を迎えました。 対面、電話、メール、携帯メール、Mixi、GREE、

記事を読む

no image

2008年振り返りと2009年展望

2008年は終わってみて経済危機ばかりが目についたように感じますが、 日本人のノーベル賞受賞者が4人

記事を読む

Sponsored ads

新着記事

明けましておめでとうございます。

 

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 正月は神道のお祓い行事に参加したり、武田信

記事を読む

別荘を買ってみました。

 

年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的おとなしくしていますが、最近の

記事を読む

no image

会社設立10年を迎えました

 

今月の頭ですが、最初に立ち上げた会社(株式会社ユナイテッドフューチャーズ)が設立丸10年を迎えまし

記事を読む

no image

衝撃の寿司をいただいてきました

 

衝撃の寿司をいただいてきました。 これまで100円の回転寿司から一人3〜5万円ぐらいの(自分

記事を読む

フルーツ王国やまなし

 

フルーツ王国やまなし。  山梨時間中は毎日のようにブドウ畑の隣を散歩していたり、ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored ads

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 正月は神道の

別荘を買ってみました。

年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的

no image
会社設立10年を迎えました

今月の頭ですが、最初に立ち上げた会社(株式会社ユナイテッドフューチャ

no image
衝撃の寿司をいただいてきました

衝撃の寿司をいただいてきました。 これまで100円の回転寿司か

フルーツ王国やまなし

フルーツ王国やまなし。  山梨時間中は毎日のようにブ

→もっと見る

    • 別荘を買ってみました。 別荘を買ってみました。 年の瀬ですね。 算命学的に自分は天中殺というものらしく、比較的おとなしくしていますが、最近の動きとして... 0件のコメント
    • 一生の読書量 一生の読書量 年末年始、大掃除のようなものはできず私の部屋は散らかってます。本とPC・周辺機器、そして服が部屋の大半を占めて... 0件のコメント
    • はじめての会社M&A はじめての会社M&A ここ半年はほぼ毎週欠かさず、東京と山梨の往復。 そして月に一回ぐらいは東京・関西・山梨のトライアングル... 0件のコメント
    • 成功の9ステップセミナー 成功の9ステップセミナー ジェームス・スキナー主催、成功の9ステップセミナーの申し込みを行いました。2006年05月02日~5日、泊まり... 0件のコメント
    • 「人たらし」のブラック心理術 「人たらし」のブラック心理術 内藤誼人著、「『人たらし』のブラック心理術」読みました。 この著者の本は、ダークな題名のものが多いです。しかし... 0件のコメント
PAGE TOP ↑